これまでコンパクトデジカメに撮り溜めていた写真データがほぼ一杯になってしまい、つい先日までその整理やプリントに追われていました。
8ギガのSDカードに一杯ともなると、データ容量最大のモードで撮影してもおよそ1,000枚分に及ぶ大変な量。これらを少しづつ取捨選択しながらパソコンに落とし込みつつタイトル別にまとめてメディアに焼き、それと並行して写りや構図の良い写真のプリントアウトを進めていくのですから苦労します。
結局全ての作業が完了するまでに、約2週間分の空いた時間を費やす事となってしまいました。
ただその中でも、既に忘れかけていた素晴らしい出来の写真データを幾つか消去する事無くサルベージ出来、一部は大きくプリントアウトし室内に飾る等する事が出来ました。幾分殺風景だったリビングや自室も多少は華やかになり、今後の撮影活動に向けて大きなモチベーションとなったのは確かです。
そこでちょっと考えなければならないのは今後の撮影機材。最近はスマホの撮影機能や画質も優秀となっており、コンパクトデジカメのアドバンテージも少なくなりつつあります。
今後スマホに買い替えの予定がある私にとって、思い切ってスマホ一本に統一するか、あるいはコンパクトデジカメを一眼レフに格上げして取り組むか、結構悩んでいるのです。